AI 技術と人、QOL向上を目指すサービスが共に深く関係性を持ち、さらなる発展と地域社会への貢献を目指します。

お知らせ


~さらなる発展と地域社会の貢献~

介護保険システム業の株式会社コンダクト(本社:石川県金沢市、代表取締役:穴田 幸雄、以下 当社) は、2019年10月23日~25日の3日間、幕張メッセにて開催される 第2回看護&介護EXPO東京 (ナーシング ケア東京)に出展いたします。

■出展コンセプト

世界が注目する日本の高齢化社会。いまそのニーズが急速に高まる介護、福祉、医療サービスの現場で最も求められているのが、サービス業務を強力にサポートし、その質を高めるためのITシステムです。当社は創業以来、様々な分野で長年培ったシステム開発の経験をもとに、早くからこの分野に特化したソフトウェアの開発、販売を手がけてきました。とくに主力製品である「介護保険システムFlowers NEXT」は、平成4年にシリーズ第一弾として「老人保健施設システム」を発売したことにはじまり、介護保険を経て専門性の高い現場のニーズに対応し、カバーするサービス種類の充実と機能の向上に努め、現在は、全国約6,000の事業所様に導入いただきました。
昨今、日本は現在、高齢人口の急速な増加の中で、医療、福祉など増加する高齢人口の問題に対応することが、喫緊の課題となっています。このような高齢社会の到来の中で、従来の医療制度、老人保険制度では対応しきれない問題が生じ、高齢者の医療は若年者の医療と異なった立場で取り組む必要性が生じてきています。「第2回介護&看護EXPO 」では、「さらなる発展と地域社会の貢献」をテーマに、AIによる在宅ケアサービスの質の評価を行い、さらに改善指標を導き出す、在宅ケアの質改善のためのプロセスサイクルをシステム化することによって、さらなるケアの提供を導き出し在宅ケアAIアウトカム評価サービス QOLABO(参考出展)、在宅患者さま・利用者さまのケア情報を記録し、関係者全員がフラットに閲覧共有できる在宅ケア業務の効率化を支援する「在宅業務支援システム bmic-ZR」、訪問看護にたずさわる業務の一元化、負担軽減できる{訪問看護システム Flowers NEXT コスモス}を展示し、地域包括ケアシステムの構築を提案いたします。

■展示会概要


展示会名称 第2回看護&介護EXPO東京(ナーシング ケア 東京)
公式URL https://www.nursing-expo.jp/
主催 リード エグジビション ジャパン 株式会社
会期 2019年10月23日(水)~25日(金)
開催時間 10時~18時(最終日は17時まで)
会場 日本 幕張メッセ
出展者名 株式会社コンダクト(CONDUCT CORP.)
出展ゾーン 介護フェア
小間番号 1-26

■出展商品について

1. 在宅ケアAIアウトカム評価サービス QOLABO (コラボ) ※参考出展
URL
https://qolabo.net/
2. 在宅ケア支援システム bmic-ZR (ビーミック ゼットアール) ※株式会社 管理工学研究所 共同出展
URL
https://www.bmic.jp/
3. 訪問看護システム Flowers NEXT コスモス
URL
https://www.conduct.co.jp/lineup/flowers-next/
4. 訪問看護モバイルサービス caretive for コスモス ※株式会社アイ・エス・ビー 製品
URL
https://www.conduct.co.jp/lineup/caretive/
5. 業務アシストシステム FT Care-I ※株式会社 エフトス 製品
URL
https://ftcare-i.com/
6. RPA/AI-OCRによる業務自動化ソリューション (B4HTM-RPA/OCR)  ※KREO株式会社 共同出展
URL
https://www.kreo.ai/htm/b4/rpa_aiocr/service/rpa.html
URL
https://www.kreo.ai/htm/b4/rpa_aiocr/service/ocr.html


お知らせ一覧